潜在看護師の復職ガイド〜復職前に知っておきたい予備知識〜

潜在看護師が復帰前にしておくべきこと

潜在看護師が現場に復帰する場合、看護師としての知識や技術について勉強し直しておくと、復帰後役立つでしょう。現場復帰をするにあたり不安を抱えている方が多いでしょうから、それを解消するためにも復帰のための準備をしておくことが大切です。

 

復帰のための準備として、復職支援セミナーを受けるというのも良い方法なのですが、限られた人しか受けれない場合や、住んでいる地域によってはセミナーが開かれていないことも考えられます。そのような方は、学校で使っていたテキストや潜在看護師向けのテキストを見直してみるのもおすすめです。見直してみることで看護師としての知識を補えたり、不安を解消することにもつながります。

 

特に、看護師として長く働いていた方は、今までの経験があるので問題ないと思いがちです。しかし、医療の現場ではいろいろなことが進化していっていますので、自分は何でもできると思いこんでしまうのは1番危険なのです。どんな場合でも復帰前の準備をしっかりと行い、自分が安心できてまわりにも迷惑がかからないように気をつけたいですね。

潜在看護師の現状

新卒者が看護師として病院に就職する数は、毎年5万人ほどいるそうです。日本では看護師不足が大きな問題となっていますが、毎年5万人もの看護師が病院に就職していると聞くと、人手が足りているのでは?と思ってしまいます。しかし、実際看護師が増えている数は2万人ほどなのだそうです。なぜかというと、新卒者の数より仕事を辞めていく看護師の方が多いという現状が続いているからです。その中には、潜在看護師も含まれています。この状況が今後も続けば、看護師不足の問題はさらに悪化していくでしょう。
しかし、高齢化が進んでいること・医療の高度化などにより、看護師一人当たりの負担が今まで以上に大きくなってきています。そのため、多くの看護師が現場を離れていっているのです。

 

・看護師一人が受け持つ患者さんの人数が多いこと
・夜勤の回数が増えていること
・休みが取りにくいこと
・仕事量に見合った給料がもらえない事

 

このようなことが看護師不足の原因となり、潜在看護師の数が増えていっている原因にもなっているのです。今後、労働条件などを改善していかなければ、看護師不足は解消しないでしょうし、潜在看護師の数もどんどん増えていってしまうことが予想されます。このままでは、日本の医療に危険を招いてしまうかもしれません。